今話題の旬なゲームから懐かしのレトロゲームまで。ファミコンが世に出て以来、ゲームは徐々に市民権を得、ハードは爆発的に進化し、メーカーはこぞって多くのヒットタイトルを生み出し、常にゲーマーの心を熱くしてくれました。
手に取ったゲームを一刻も早くプレイしたいため、とりあえずハードにソフトをセットして取扱説明書もロクに読まずにプレイされる方もかなり多いのではないでしょうか。それほどニューゲームの序盤はワクワクするものです。 ですが、取扱説明書にはゲーム攻略情報が直接記載されているわけではありません。タイトルによりますが、中には絶対普通にプレイしていたのでは攻略できない鬼のようなゲームも存在します。そんな時に、みなさんは何に頼ってきたでしょうか。

ひと昔前、インターネットがまだこれほど普及していなかった頃は、同じゲームをプレイ中の友人知人同士で情報交換をしたり、攻略本の情報に頼るのがせいぜいでした。ただ、攻略本といってもその質は様々で、キャラクター情報やマップ、アイテム情報のみの取扱説明書に毛が生えた程度の物から、同人小説やイラストが挿し込まれた「いや、そこまで求めてないから」的なサービス過剰なものまで。
メーカー監修のもと出版される公式ガイドブックが一番間違いがないのですが、いわゆる裏ワザや隠しイベントなど、ストーリーに直接関わりのないポイントなどはもちろん記載がありません。 ゲーマーにも様々なプレイスタイルの人がいますが、いわゆる「やり込み型」のプレイヤーは、ここまで追求します。むしろここが一番のゲームの醍醐味なのです。しかし、オープンな情報だけでは難しく、自力で見つけようにも時間的、体力精神力的に限界があるため、投げ出してしまうなんて話は少なくありませんでした。

さて、現在はインターネットが全て解決してくれます。ゲーム攻略はインターネットを使って調べたいゲームのタイトルと、“ゲーム攻略情報”とキーワードを打つだけで玉石混交、様々な攻略サイトが検索結果に並ぶ時代なのです。また、特に人気のあるタイトルになると、Wikiまとめやポータルサイトが作られ、それをチェックしながら一度もゲームオーバーを体験することなくクリアも可能となっています。それが正しいかどうか、最初から進め方がわかっているゲームが楽しいかどうかは、ユーザーそれぞれの感性によるところでしょう。
それにしても、誰よりも最初にそのゲームをクリアし、そのデータを都度集め、写真やマップ入りで他のユーザーを攻略まで導いてくれる、ゲーム情報攻略サイトの管理人さんには、思わず頭を下げずにはいられません。